労働の問題

能美市川北町小松市白山市加賀市労働問題は当事務所にお任せください。



拠の収集・計算などは弁護士にお任かせ
 たとえば、残業代を請求する場合、残業時間がどのくらいか、残業代がいくらくらいかを証明するのは労働者側です。


 仮に、訴訟となり、労働者側が残業代、残業時間を証明できない場合、労働者側は訴訟では負けてしまいます。


 そこで、残業時間を証明するための証拠(タイムカードなど)を収集することが必要となります。


 交渉でも、訴訟となった場合を見据えながら動くことが必要となるので、証拠を収集する必要性に変わりはありません。


 また、残業時間の計算は複雑で、ご自身では、なかなか計算が難しいとこもあるかもしれません。その点、弁護士に任せれば、弁護士が計算いたします。


 お気軽にご相談ください。
気軽に法律相談
 職場でのトラブルがあると精神的に参ってしまします。


 弁護士に相談をすることで、精神的な負担は軽減され、心が軽くなります。


 当事務所は、使用者側、労働者側いずれの労働事件も多数扱っております。


 弁護士に依頼をすることで、煩わしい交渉はすべて弁護士に任せることができます。


 まずは、お気軽にご相談ください。
早めの法律相談
 残業代は、2年で時効にかかります。


 いつでも法律相談できるし、今度にしようと思っていると、請求ができなくなってしまうかもしれません。


 早めの法律相談が大切です。


労働の問題についての料金はこちら